リスクヘッジを考える

From:Satoshi Suyama

予報では降水確率30%、ほぼ一日中曇りの予定で
難無くイベントは盛会に終わると、都合よく考えていたのですが・・・

実際にはかなりの違いがあって、怪しい雲に包まれた朝
降るなよって願いも虚しく、ポツポツ落ち始め

あ〜、来てしまったなって思いと同時に
今だけだ、すぐ止むさって、思えるもんですよ、なぜか。

これもまた安易な考えで、下を見ながら真剣な面持ちに
皆、何してんだ?ってよく見るとスマホを見ながら

今一番気になることを調べているようです
そう、雨雲の動きや天気予報について。

便利といえばそうなんですが、スマホから取れる情報も
あくまで予報に過ぎない訳で、的中するなら

そんな精度の高い情報発信源ないってことですよ
まさにコントロールできないのが自然の力ですからね。

結局、小雨決行のためにスタートさせたのは良いが
途中から雨上がりを期待しつつ祈る思いをしていたのは

参加者も同じで、いつまで降るのかこの雨
早くやんでくれと思いつつ、時間だけが過ぎて行きます。

予報で30%だったはずが、結果的に80%降り続け
終始雨との闘いだったサイクルイベントも

皮肉なもんでゴール後解散したら晴れたっていう
まったく、雨に悩まされた1日であったのは言うまでもありません。

しかし、事故がなかったのは一番の結果で
慎重なライディングかつバスアシストのおかげで、

なんとか無事終えることができました。
これもまた、天が味方をしてくれたとも言うでしょう。

スタートした場所は皆生海岸で、ゴール場所は大山博労座駐車場。
折り返して皆生まで帰って解散するサイクルイベントでしたが

途中、ヒルクライムをバスがアシストするって企画で
このアシストを雨のために利用した面もあって

降りのリスクヘッジに使い、
さらには体が冷えているため、そのままゴールまで送るといった

機転を利かせた使い方ができたおかげで
参加者には喜んでいただいたのが何よりでしたね。

ヒルクライムのゴール地点、大山博労座では
山ガールサミットってイベントが開催されていましたが

観客はほぼゼロ。
出展ブースが軒を連ね、みんな暇そうにしていて

虚しくも中海TVが実況する中継の声だけが
会場に響いていたのは、なんだか虚無感しかなかったですね。

中継でしゃべっているのはほのまるの二人だったんで
声をかけて、マイクが拾わないように会話をしてくれました。

実は、月末に開催されるMTB大会に参加要請していたので
予定通りによろしくって話をチョコっとさせてもらいました。

また、毎年大型時計(SEIKOタイマー)をお借りしている
中井脩さんが出展されていて、社長に挨拶ができたのですが

今年は砂丘トライアスロンに貸し出しが決まっていて
借りる事が叶わず、って話になってしまいました。

大山博労座の第4駐車場には出展ブースが10程度
晴れを想定して思いっきり盛り上げようと企画されていたのに

雨に打たれて企画は散々な目にあったようです。
これも大山開山1300年記念イベントの一環として

行政からの補助金を受けての事業でしょう(第3回目だそうですが)
晴れしか想定していない企画にしか思えませんね。

結果から言えば税金の無駄使いですよね。
ただ、この企画の一部しか見てませんので何とも言えませんが

山ガールにフォーカスしたイベントで
どう集客して、何がしたいのかさっぱり意図がわかりません。

そもそもターゲットユーザーがどんな事に興味があって
何を欲しがっていて、どうして欲しいのか、リサーチしたんでしょうか?

登山するって事がイベントの趣旨なら
天気に左右されるのは始めからわかった事ですから

晴れだけを想定しただけのもてなし方は意味がないでしょう
ならば、どうすればいいのか?を考えるのが誘客ですね。

雨が降っても大山に行ってみたいと言う
魅力あるコンテンツを発信しないと意味はありませんが

その魅力ある企画をどう考えて、どう仕上げ、
ターゲットに突き刺さるメッセージを考え、

どんな媒体を使って発信できるのか
マーケット、メディア、メッセージが正しいかを検証し

テストと改善を繰り返したのか
ここまでやってマーケティングが成功しなければ

企画そのものがそもそも意味がないでしょうね。
投資する以上、リターンがなければ企画は皆無ですので

少なからず、イベントで税金の一部を使うと言うことは、
実績作りだけじゃなく、責任があるってことですよね。

隣の芝生は青いと言いますが、補助金の額は雲泥の差
しかし、集客ゼロのイベントを拝見し学ばせていただきました。


PS:最後まで読んでいただきありがとうございました。

↓SNSへのフォロー待ってますよ↓

facebook

twitter

気になるただ今のランキングは?


PPS:ブログの記載内容について、その他なんでも聞きたいことがあれば気軽にお問合わせ下さい。

【My Profile】
・マーケティングコンサルタント
・セールスコピーライター
・鳥取県信用保証協会認定メソッドアドバイザー
・山陰経済新聞寄稿中
・著書「わかりやすい神道」、「豊福神めぐり」など

集客・セールスプロモーションについてのご相談受付中

お問合わせはこちら


★【スマフォアプリ公開中!無料ダウンロードできます】

<お詫び>

長い間、ご愛顧いただきました「piece of mind」はこの度終了となります。
近日中に新しいスマフォアプリ「It’s strategic」に変わります。

リニューアルオープンまでしばらくお待ちください。


★【興味を引く書き方「25の法則」を今なら無料で公開中】

こっそり教えます!
・ブログ、メルマガ、SNSのコツ
・読んでもらえる書き方
エントリーはこちら


★【セールスプロモーション制作のご提案】

例えばマーケティングは、顧客にとって何ら興味のない事なんです。
なぜなら、顧客にとっての価値とは、商品そのものですから。

けど、価値ある商品じゃないと顧客は買ってくれません。
では、価値ある商品をどのように届けたらいいのでしょうか?

それをご提案するのが、セールスプロモーションです。
もし、そのヒントを掴みたいならお役に立てるかもしれません。

お問合せ・ご相談はこちらからどうぞ


★【WEB集客・プロモーション制作】

詳しくはこちら

例えば、固定費を半額にして売上を倍増させるにはどうすれば良いか。

つまり、営業マン1人月額給与35万=年間420万(賞与無の場合)の固定費をカットして、
100万で集客システム、50万で売上アップの仕掛け、50万で継続して収益を得る仕組み作りをします。
すると・・・何もしなくても問い合わせが来る
⇒売れる
⇒儲かる
・・・と言うことになりますが、これはほんの1例です。

販売促進・集客の悩みをちょっとでも解決させたいなら今すぐお問合わせ下さい。

詳しくはこちら

❖ HMLオススメ「ITSビジネス選書」はこちら


★【ITS NET SHOP パートナーストアの募集】

忙しい割に大して儲かってないビジネスオーナーさんへ

働く時間を減らし、さらに利益が増やせるなら
正直オイシイ話だと思いませんか?

そんな嘘みたいな話が本当にあるのか、
それともモノは試しと思って見るのか、

どちらか一方を選択するのはあなたの自由ですが、
何事も試してみた人の方が良い結果を得ているのは事実です。

もしあなたが、パートナーストアに登録してみて
あとは自動的に問い合わせや売上がある様になるなら

登録して見る価値はあると思いませんか?
しかもリスクゼロで。

さらには、働く時間が今より少なくなって
しかも、利益が上がるとするなら、

ITS NET SHOP のパートナーストアへ
登録して見る価値はあると思いませんか?

実際には、働く時間を20%減らし
利益を20%増やしませんか?って言う目標を立てています。

このメソッドを試して頂けるビジネスオーナーさんは
残念ながら、誰でも良いってワケじゃないです。

その申し込みができるビジネスオーナーさんの資格とは・・・
以下の条件に当てはまる方のみです。

⑴きちんと問い合わせをいただいた方
⑵きちんと弊社の理念に同意された方
⑶win-winの関係が築ける方

ご希望の方は今すぐお問合わせ下さい。

お問合わせはこちら

※約束が守れない方はご遠慮申し上げます。


★【パートナーストア「ITSS-It’s strategic」公開中】

PARTNER STORE(パートナーストア)とは、ITS NET SHOP運営会社(ITS JAPAN Inc.)のショップブランドITSS(IT’S STRATEGIC)の中から商品及びサービスを紹介させていただくシステムで、「価値の創造」をかたちにしてご提案するインターネットショッピングサイトのことです。

詳しくはこちら


いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングにエントリーしていますので「バナーをクリック」して応援して下さい。


ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)