中小企業の殆どがやっちゃっている

From:Satoshi Suyama

キャッチコピーとは、
「人の注意を引く宣伝文句」

と言う和製英語です。
歴史を遡ると、江戸時代にもあったそうで、

「引札」と呼ばれるチラシ。
そこに独創的な戯文を書くことで

耳目を集めるという手法。
これを始めたのは、平賀源内だそうです。

そのキャッチコピーですが、
銀行の”あるある”キャッチコピーには、

”お客さま、株主、行員、地域社会にとって魅力あふれる金融機関。”

”地域とともに夢と豊かさを広げます。”

”個人や中小企業をはじめとした地域のお客さまに最高の満足と感動を提供する。”

などあるようです。
(日経ビジネス2018年12月3日号より)

”預金量を含めた純資産が少ない地銀群でも、5割以上の銀行が
「地域とともに」「地域のために」という表現を実際に使っているようで、

広義の意味での地域活性化を掲げているところは9割を超えた。”
とのことです。(日経ビジネス2018年12月3日号より)

中小企業である純資産が少ない地銀の9割以上が、
「地域とともに」「地域のために」といった、

イメージアップを狙った地域活性化を掲げている
と言いますから、ちょっと的外れてますね。

何が言いたいのかっていうと
中小企業がやってはいけない「イメージ広告」が

ほとんどだってことですね。
本当にイメージアップを狙っているのなら、

それでも結構でしょうが、
もし、預貯金者を増やすことが目的なら、

「この銀行にお金を預けたいな」
と思ってもらえるようなコピーにする必要があります。

低金利でも商売ですから、
融資先の優良企業を増やすことが目的なら、

「この銀行に融資してもらいたいな」
と思ってもらえるようなコピーにする必要があります。

つまり、”ベネフィット”を感じてもらって、
来店や電話するなどの具体的な行動を促すコピーが必要です。

いわゆる「レスポンス型の広告」にする必要があるのですが、
「地域とともに」「地域のために」では

ベネフィットを感じないどころか、
まったく意味がわからないですよね?

そのコピーで、
行動を促せますか?ってことです。

銀行だけじゃなく中小企業のほとんどが
イメージ広告をやってしまっているので

売上に伸び悩み
その原因がわからないままでいるのが実態です。

レスポンス型広告についてもっと詳しく知りたい方は
今すぐこちらまで相談された方が良いですよ。

お問合わせはこちら


PS:最後まで読んでいただきありがとうございました。

↓SNSへのフォロー待ってますよ↓

facebook

twitter

気になるただ今のランキングは?


PPS:ブログの記載内容について、その他なんでも聞きたいことがあれば気軽にお問合わせ下さい。

【My Profile】
・マーケティングコンサルタント
・セールスコピーライター
・鳥取県信用保証協会認定メソッドアドバイザー
・山陰経済新聞寄稿中
・著書「わかりやすい神道」、「豊福神めぐり」など

集客・セールスプロモーションについての無料相談はこちら

お問合わせはこちら


★【スマフォアプリ公開中!無料ダウンロードできます】

<お待たせしました!>

長い間、ご愛顧いただきました「piece of mind」はこの度
新しいスマフォアプリ「It’s strategic」に変わりました。

アプリ名:集客&売上アップなら!販促広告コンサルティングの【ITSS】

App Store

Google Play


★【興味を引く書き方「25の法則」を今なら無料で公開中】

こっそり教えます!
・ブログ、メルマガ、SNSのコツ
・読んでもらえる書き方
エントリーはこちら


★【セールスプロモーション制作のご提案】

例えばマーケティングは、顧客にとって何ら興味のない事なんです。
なぜなら、顧客にとっての価値とは、商品そのものですから。

けど、価値ある商品じゃないと顧客は買ってくれません。
では、価値ある商品をどのように届けたらいいのでしょうか?

それをご提案するのが、セールスプロモーションです。
もし、そのヒントを掴みたいならお役に立てるかもしれません。

お問合せ・ご相談はこちらからどうぞ


★【WEB集客・プロモーション制作】

詳しくはこちら

例えば、固定費を半額にして売上を倍増させるにはどうすれば良いか。

つまり、営業マン1人月額給与35万=年間420万(賞与無の場合)の固定費をカットして、
100万で集客システム、50万で売上アップの仕掛け、50万で継続して収益を得る仕組み作りをします。
すると・・・何もしなくても問い合わせが来る
⇒売れる
⇒儲かる
・・・と言うことになりますが、これはほんの1例です。

❖ 販売促進・集客の悩みをちょっとでも解決させたいなら今すぐお問合わせ下さい。

詳しくはこちら


★【ITS NET SHOP パートナーストアの募集】

忙しい割に大して儲かってないビジネスオーナーさんへ

働く時間を減らし、さらに利益が増やせるなら
正直オイシイ話だと思いませんか?

そんな嘘みたいな話が本当にあるのか、
それともモノは試しと思って見るのか、

どちらか一方を選択するのはあなたの自由ですが、
何事も試してみた人の方が良い結果を得ているのは事実です。

もしあなたが、パートナーストアに登録してみて
あとは自動的に問い合わせや売上がある様になるなら

登録して見る価値はあると思いませんか?
しかもリスクゼロで。

さらには、働く時間が今より少なくなって
しかも、利益が上がるとするなら、

ITS NET SHOP のパートナーストアへ
登録して見る価値はあると思いませんか?

実際には、働く時間を20%減らし
利益を20%増やしませんか?って言う目標を目指します。

このメソッドを試して頂けるビジネスオーナーさんは
残念ながら、誰でも良いってワケじゃないです。

その申し込みができるビジネスオーナーさんの資格とは・・・
以下の条件に当てはまる方のみです。

⑴きちんと問い合わせをいただいた方
⑵きちんと弊社の理念に同意された方
⑶win-winの関係が築ける方

ご希望の方は今すぐお問合わせ下さい。

お問合わせはこちら

※約束が守れない方はご遠慮申し上げます。


★【パートナーストア「ITSS-It’s strategic」公開中】

PARTNER STORE(パートナーストア)とは、ITS NET SHOP運営会社(ITS JAPAN Inc.)のショップブランドITSS(IT’S STRATEGIC)の中から商品及びサービスを紹介させていただくシステムで、「価値の創造」をかたちにしてご提案するインターネットショッピングサイトのことです。

詳しくはこちら


いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングにエントリーしていますので「バナーをクリック」して応援して下さい。


ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)