客が欲しいのは商品じゃない

10月頃からボチボチ受験が始まるみたいで
これに備えて色々と動きがあるようです。

新聞には有効求人倍率が1.95倍と
バブル期を凌ぐ勢いですが

来年度の学校入試はともかく、就職試験にパスした人は
引く手数多の市場が待っているってことですよ

羨ましい限りですが
ちょうど約30年前にも同じ経験をしてきた

バブル世代にとっては
当時とちょっと違う感じの好景気ですね。

特に人手不足は大手のようです
中小はそんなでもないようですが・・・

え?人、足りないですか?
忙しいことはいいことだって昔から言いますが

それって
本当にいいことなんですかね?


★【興味を引く書き方「25の法則」を今なら無料で公開中】
エントリーはこちら

こっそり教えます!
・ブログ、メルマガ、SNSのコツ
・読んでもらえる書き方
知りたい方はこちら


From:Satoshi Suyama

試験といっても国家試験や公務員試験など
公官庁がらみの試験は特に

カンニング防止対策として
受験会場に持ち込む鉛筆に指定があるようです

その鉛筆とは
「無地」だそうです。

メーカー名も記載なし、ましてや「試験合格」なんて
書いてあってもNGなんだそうです

そこまで厳しいんか?と思いますが
今や、これ受験生にとっては重要な条件で

持ち込んでいいものとダメなものを指定されるほど
時代は変わってきてますね。

いや〜、今の受験生は大変だって思いますよ
って感じてること自体、老いてますね。www

で、その無地鉛筆が本当に需要があるのか
テストしてみました。

それは販売ではなく、合格祈願をした鉛筆として
神社の授与所に置いてもらいました。

そしたら、入荷したものが約2ヶ月ですべてなくなり
さらに追加で入荷することが決定したのです。

この場合、もう一つテストしています
それは口コミでどこまで広がるのかってことです

なぜなら、「無地」あります!って告知は一切してません
にもかかわらずお求めになるってことは

需要があるということなんです。
どこの誰に聞いたか知りませんが

これください!
ってお求めになる方がいらっしゃるってことは

たぶん、よそにないからなんでしょう。
今まで一切告知しなかったのですがこのブログで言ってしまいました。

なので、どこに置いてあるのかをおしらせしますと・・・
米子総産社賀茂神社天満宮」です。

ご存知でしょうが私は、ここの代表でもあります。
そしてマーケティングコンサルタントですので、

リサーチ結果に基づいて商業色が見えないところで
経験を活かし、色々とテストをしてます。

今回はたまたまターゲットが絞りきれていて
需要がどこにあるのかを特定できましたが

モノによっては、難しい場合もあります。
マーケティングって他社の問題点や改善策はよくわかるんですが

自社のことは一番わからないもんなんですね
だからいつも客観的に見るようにはしてるつもりなんですよ。

つまり、当人がこれで間違いないと頑なに推進していることが
実は大きな問題点だということがよくあります。

なので、そんな時には一旦停止が必要ですね。
で、誰のために何をしているのかをよく考えた方がいいです。

要は、お客が欲しいのは商品やサービスじゃないってことです。
素晴らしい商品やサービスを開発してお届けしているから

お客に支持されていると思っちゃ大間違いですね。
多くの人はそう思っています。私も以前はそうでした。

しかし、お客が欲しいものは商品やサービスじゃないって
気がついたのです。

何が欲しいのか?
それは、あなたもあなたの事業に当てはめて考えてください。

欲しいものと言ったら、その商品やサービスがもたらしてくれるもの
つまり、結果が欲しいだけなんです。

例えば、欲しい車があったとしたら、あの高級車がどうしても欲しい
装備は最高、スタイルも、コンセプトも完璧・・・だから買いたい

って思いますよね?
違いんですよ。本音は人それぞれなんですが・・・

高級車を買って、乗り回して、モテたいだけなんですよ
単純な理由ですが、それが本当の欲しい理由なんです。

共感できる人とそうでない人がいますが、これには千差万別
なので、ほんの例えですからね。

だから、無地鉛筆の話に戻りますが、
無地鉛筆が欲しいのではなく、無地鉛筆じゃないと受験できない試験に

合格して、希望する職につき
憧れの生活とバラ色の人生をスタートさせたいという夢を現実にする

そのためのアイテムが欲しいから
それは、無地鉛筆なんだってことです。

だから、結果が欲しいだけなんです。
どこの誰が何を売っていようとそんなものには興味はありません。

自分がどうなりたいのかっていう結果が欲しいだけで
商品やサービスは売れているんです。

集客無料相談
今回は、インターネットマーケティングについてです

興味がありましたらどうぞ


PS:

スマフォアプリ公開中!無料ダウンロードできます。

iPhone

Android

スマフォからQRコードを読み込めば簡単にアクセスできます。

qr


【ITS JAPANはあなたの「価値を正しく伝える」お手伝いをします】

例えばマーケティングは、顧客にとって何ら興味のない事なんです。
なぜなら、顧客にとっての価値とは、商品そのものですから。

けど、価値ある商品じゃないと顧客は買ってくれません。
では、価値ある商品をどのように届けたらいいのでしょうか?

それをご提案するのが、マーケティング・ビジネスです。
もし、そのヒントを掴みたいならお役に立てるかもしれません。

お問合せ・ご相談はこちらからどうぞ


【ITSJAPANとは】

ITS JAPAN’sマーケティングについて

◆ITS JAPAN’sミッションについて

ITS JAPAN’sショッピングについて


【WEB集客代行します】

詳しくはこちら

例えば、固定費を半額にして売上を倍増させるにはどうすれば良いか。

つまり、営業マン1人月額給与35万=年間420万(賞与無の場合)の固定費をカットして、
100万で集客システム、50万で売上アップの仕掛け、50万で継続して収益を得る仕組み作りをします。すると・・・何もしなくても問い合わせが来る⇒売れる⇒儲かると言うことになりますが。

これはほんの1例です。
HMLはマーケティングの悩みを解決させるあなたのパートナーです。

詳しくはこちら

※ HMLとは、ITSJAPANがプロデュースするブランドで、
経済的健康にフォーカスした情報提供を行なっています。

・HML=ハイプロマーケティングラボラトリーの略です。
・HI-PROは、より高い(HI)収益(profit)の意味で

HMLはマーケティングに関する情報をご提案しています。

❖ HMLオススメ「ITSビジネス選書」はこちら


【幸せな家庭・儲かる会社にしたいなら…】

偉業を成し遂げた先人たちは、
信念の裏側には必ず信心があると言っています。

日本では、国造りの頃から日本の神々が祀られ、
自然を尊び、祈りと感謝を繰り返す暮らしを営んで来ました。

古来より神道が人々の生活に密着して来たことは
まぎれもない事実であります。

幸せな家庭や儲かる会社の基盤を築くには
日本人が古来より大切にして来た心を育むことが第一です。

なぜなら、感謝や和平の真髄は神道精神の中にあるからなのです。
神祀り本舗は「心の安らぎ」を得ていただく手順をご提案します。

 神祀り本舗楽天支店

神祀り本舗ヤフー支店

神祀り本舗総合カタログ

※ 神祀り本舗とは、ITSJAPANがプロデュースするブランドで、
心の健康にフォーカスした情報提供を行なっています。

神祭具専門サイトを運営したり、
神道教化・啓発を目的とした情報をご提案しています。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

↓SNSへのフォロー待ってますよ↓

facebook

twitter


いつもブログを読んでいただきありがとうございます。ブログランキングにエントリーしていますので「バナーをクリック」して応援して下さい。


ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)