ハレノヒから学ぶ人件費率

3億8千万の年商で従業員が50人と言うことは
2億5千万の人件費がかかっているため

キャッシュフローが無く
事業が立ち行かないのは目に見えています。

仮に半数の25人でも1億2千500万なので、
ランニングコストを考えると厳しいことがわかります。


★【興味を引く書き方「25の法則」を今なら無料で公開中】
エントリーはこちら

こっそり教えます!
・ブログ、メルマガ、SNSのコツ
・読んでもらえる書き方
知りたい方はこちら


From:Satoshi Suyama

売上高人件費率(%)=人件費÷売上×100
このような計算式はご存知でしょうか?

業種によってはこの比率も若干変わってくるのは
理解できますよね。

商品を仕入れて販売する事業であるなら
少なくとも30%以内に抑えるのが理想ですが、

66%の人件費では
自転車操業から抜け出せず回らない事は一目瞭然でしょう。

こんな事業家がいるのか?
と思うと唖然としてしまいますよね。

これが世に言うハレノヒ事件。
一生に一度の晴れ着姿を

家族や友人と共有し思い出に残すたった1日のために
何十万〜何百万の商品を買うかレンタルするのですが、

その成人式前日にトンズラしてしまった会社が・・・ハレノヒ。
いまだに社長は表に出てきません。

お客様のことを考え、商売をしているなら
普通一般的に考えてもあり得ないですが、

こう言うことが起こってしまったと言うことは、
この社長はお金のためにしかビジネスをしてないってことですね。

お金にしか目がいってないために、
お客様のことを何も考えていない結果でしょうね。

これだけのことをしておいて
ノコノコ出て来難いのはわかりますが、

どんなにバッシングを受けようが
先ずはご迷惑をかけた方に謝罪をすべきでしょう。

被害額は約4500万を越えるとの報道もあり
被害者の心痛を察すれば、ホント怒りしかないですよね・・・

取引先や関係者などの負債を含めると
さらにその額を上回るでしょう。

ハレノヒは、計画倒産とか詐欺などと言われていますが
結果的にこうなったわけですから

この事態が予測されるターニングポイントがあったはずです
なぜそこを無視して走ってしまったのか

こうなる前になぜ防ぐことができなかったのかを
しっかりと検証すべきですね。

決して他人事ではないと思わなければなりません
人の振り見て我が振り直せです。はい。

マーケッターの権威、ダン・ケネディは顧客のことを群れと言います
そして、群れを囲い柵から出ないように養育しろと言ってます

その中で、20%の優良顧客から得られる収益は
事業の80%を支えているんだと言っています。

たとえ、こんな事を知らなくても
事業は順調に回る場合もありますし、

ほとんどがそうかも知れませんが、
客に迷惑をかけ、客を泣かせるビジネスはしちゃダメですよね。

ちなみに、ダン・ケネディの本、
世界一ずる賢い価格戦略」は参考になりますよ。

集客無料相談
今回は、インターネットマーケティングについてです

興味がありましたらどうぞ


PS:

スマフォアプリ公開中!無料ダウンロードできます。

iPhone

Android

スマフォからQRコードを読み込めば簡単にアクセスできます。

qr


【ITS JAPANはあなたの「価値を正しく伝える」お手伝いをします】

例えばマーケティングは、顧客にとって何ら興味のない事なんです。
なぜなら、顧客にとっての価値とは、商品そのものですから。

けど、価値ある商品じゃないと顧客は買ってくれません。
では、価値ある商品をどのように届けたらいいのでしょうか?

それをご提案するのが、マーケティング・ビジネスです。
もし、そのヒントを掴みたいならお役に立てるかもしれません。

お問合せ・ご相談はこちらからどうぞ


【ITSJAPANとは】

ITS JAPAN’sマーケティングについて

◆ITS JAPAN’sミッションについて

ITS JAPAN’sショッピングについて


【WEB集客代行します】

詳しくはこちら

例えば、固定費を半額にして売上を倍増させるにはどうすれば良いか。

つまり、営業マン1人月額給与35万=年間420万(賞与無の場合)の固定費をカットして、
100万で集客システム、50万で売上アップの仕掛け、50万で継続して収益を得る仕組み作りをします。すると・・・何もしなくても問い合わせが来る⇒売れる⇒儲かると言うことになりますが。

これはほんの1例です。
HMLはマーケティングの悩みを解決させるあなたのパートナーです。

詳しくはこちら

※ HMLとは、ITSJAPANがプロデュースするブランドで、
経済的健康にフォーカスした情報提供を行なっています。

・HML=ハイプロマーケティングラボラトリーの略です。
・HI-PROは、より高い(HI)収益(profit)の意味で

HMLはマーケティングに関する情報をご提案しています。

❖ HMLオススメ「ITSビジネス選書」はこちら


【幸せな家庭・儲かる会社にしたいなら…】

偉業を成し遂げた先人たちは、
信念の裏側には必ず信心があると言っています。

日本では、国造りの頃から日本の神々が祀られ、
自然を尊び、祈りと感謝を繰り返す暮らしを営んで来ました。

古来より神道が人々の生活に密着して来たことは
まぎれもない事実であります。

幸せな家庭や儲かる会社の基盤を築くには
日本人が古来より大切にして来た心を育むことが第一です。

なぜなら、感謝や和平の真髄は神道精神の中にあるからなのです。
神祀り本舗は「心の安らぎ」を得ていただく手順をご提案します。

 神祀り本舗楽天支店

神祀り本舗ヤフー支店

神祀り本舗総合カタログ

※ 神祀り本舗とは、ITSJAPANがプロデュースするブランドで、
心の健康にフォーカスした情報提供を行なっています。

神祭具専門サイトを運営したり、
神道教化・啓発を目的とした情報をご提案しています。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

↓SNSへのフォロー待ってますよ↓

facebook

twitter


いつもブログを読んでいただきありがとうございます。ブログランキングにエントリーしていますので「バナーをクリック」して応援して下さい。


ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)