img
img

遠山三宝 5寸(木曽ひのき)

  • 送料無料
●商品情報
三宝は、神饌物をのせる為にお使いいただける台です。 祭事などの日には、三宝を使用してお供え物をしていただく神具です。少し高さを抑えた三宝です。三方は折敷と筒胴が付いているもので、筒胴の三方向に穴が開いているため三方といいます。三方を置くときの向きは、折敷と筒胴のどちらにも目印があり、折敷を見て置くなら綴じ目が人側を向いているようにし、筒胴を見るなら穴が開いていないほうを神様側に向けます。折敷は神様の前に継ぎ目などの美しくない部分を見せないようにするために継ぎ目を人側にするのですが、筒胴のほうはむしろ継ぎ目を神さまに向ける形になります。この違いは不思議ですが、三方にとって重要なのは折敷のほうで、筒胴の部分は人にとっての見栄えのためのものだからという説もあります。折敷は単体で盆として使用しますが、筒胴はそれだけで使うことはありません。筒胴に空いた穴(多くは宝珠の形)の形状にはこれといった意味はなく、装飾であると言われます。古い形式の場合はこの2つが分かれた状態で、

●サイズ
皿巾151(cm)・総高9.2(cm)
※一点ずつ手造りとなります。多少寸法の誤差がございますので、御了承願います。

●素材
ひのき

●備考
<神祭具・神饌とは>
神祭具は神棚の祭祀に用いられる道具・器具を示し、神饌(しんせん)は神棚に供える供
物の事で御饌(みけ)と呼ばれることもありますす。
本来は神棚も神具に含まれますが、ここでは神棚以外の神具や神饌を説明します。
・ 注連縄(しめなわ) :稲藁で編んだ縄に紙垂(しで)を垂らし、神棚の上部に取
り付けられます。
・ 神鏡 : 円形の薄い鏡で、一般的には鏡を支える台と共に用いられます。
・ 三方 : 神饌や神酒・水のお供えに用いられる木製造りの台を示します。
・ 神器 : 神様にお供えする神酒や水や塩のための器で、白色の陶器で作られること
が多い。
※ 米・塩-平瓮、神酒-瓶子、水-水器などがこれにあたります。

・ 榊立て :榊をお供えるための白色の陶器製花立。
・ 灯明 : 三本の脚をつけた灯明皿または燭台にあたります。
・ 御幣 : 神道の祭祀で用いられる幣帛の一種で、2本の紙垂を竹または木の幣串に
挟んだもの。
・ 祖霊舎(御霊屋・神徒檀) : 神棚が神を祀りするものに対し、ご先祖の霊を祀る
ための祭壇。
・ 霊璽(れいじ):仏教における位牌に相当するもので、故人の霊の依り代となるもの
とされる。
お供えする品目は、主食としてのお米を始め、お酒、お餅、海魚、川魚、野鳥、水鳥、海
菜、野菜、お菓子、お塩、お水を基本としつつ、
地元の産物が捧げられたり、お祭りの軽重によって種類・数が増減したりもします。
また地域によっては、歴史的に特別な由来のある神饌が捧げられなど、我々が長い歴史の
中で育んできた食文化が反映されているのです。
一般的に神棚では、米や塩、水、海藻、清酒、野菜、鯛、鰹節、果物などをお供えします

お供えの頻度は地域によって異なりますが、本来は朝夕の2回のお供えが基本だと云われ
ています。
また、祭儀の後に供えた神饌を食べる宴のことを直会(なおらい)といいます。つまり、
直会を行うことは人神共食であり、神のおかげをいただくことに繋がります。
¥3,700 税込
商品コード: 360
カートに追加しました。
カートへ進む

商品一覧

ページトップへ