しがみつくなら、辞めろ

ストレスに苛まれるってことは
よくあることですが、

経営って仕事をしてると
度々イラついてます。

よくないとは思ってますが
思い通りにならないこともあるし

職場や、職員、取引先、周囲の環境にと
悩みは限りなく

何一つ取っても
満足いくものなどないと思うのは

私だけでしょうか
それとも、あなたもその一人?

しかし、適当なところで妥協点を見つけ
それでとりあえずやって行こうって思うのは

通常の流れなんじゃないでしょうか。
いや、そうしないといつまでも滞り

何も前進しないので
先へ進めることが大事だと私は考えます。


★【興味を引く書き方25の法則教えます】
エントリーはこちら

こっそり教えます!
・ブログ、メルマガ、SNSのコツ
・読んでもらえる書き方
知りたい方はこちら


From:Satoshi Suyama

先日、ある職員の雇用条件見直しについて
直接話をしました。

詳しいことは、あとで説明しますが・・・
交渉中、激昂されたんです。

まあまあ、とその場は無難になだめたんですが
よく考えるとこの場合

自己主張を通そうとしていることに
気がついたのです。

どう言うことかというと、
月間の勤務時間を減らしてほしいと言ったら

この件は、承諾したようですが、
結果、いくらもらえるのか?って話です。

本音を言えば、退職に追い込もうと考えていたのですが
いきなりではマズイし、急ではうちも困るので、

ここで蟠り作って辞めてもらっても
後味悪いので、とりあえず勤務時間の削減から

提案して、これを飲んだら
次なる手段と考えていました。

ただ、金額面で納得がいくのかどうかです・・・
減額を提示して「考えます」の一言が欲しかった

のですが、いきなり激昂とはね。
そこまでしてしがみつきたいなら

なおさら用はないと思いましたが・・・
自己主張だけは立派なもんでした。

褒めるほどのことじゃないですが、
雇ってもらえることのありがたさなんてないんでしょうね。

残念ながら、呆れました。
しかし、雇用する側とされる側っていうのは

いつも、対立にあります。
適当なところで折り合いをつけているだけなんで

傭人の自己主張など通る訳がありません。
そんな職場があったら即潰れますよ。

また、雇いたいと思う理想の人などいません。
募集したら誰かが興味を示して面接に来ますが

100%理想の人はいる訳がないのですね。
だから、「折り合いをつける」って言い方が適当でして、

雇う人の条件をすべて飲む経営者などいないのです。
そりゃそうですよね。なぜなら、

経営者には責任がありますが、雇われ側には責任はありませんからね。
責任はないのに不満はあるのです。困ったもので。

職場を快適に、効率化を図り、業績の向上を目指し
そして環境を整えるのは、経営者の仕事ですが

責任がない職員によって業績が下降しても
それを咎め、改善を試みるのはすべて経営者の仕事なのです。

結論を言うと
しがみつきたいマインドを持った人は

さっさと辞めて欲しいってことです。
そんな人に給料を払っている余裕などないのですから。

あなたが経営者なら
たぶんこのようなストレスを感じたことがあるかと思います。

けど、この激昂した職員ですが・・・
解雇されるって危機感、全くないのが不思議でしたね。


PS:

しかし、雇って欲しい時の面接、その態度ったら
役者ですね(笑)

いやー、見事な役者ですよ。
勤務態度を見れば一発でわかります。

こいつ、役者だな〜って。
サラリーマン根性って、怖いですね。

人生1度しかありませんよね?
だから、一生懸命働きましょうよ!

そして、財産を増やしましょうよ。
オススメは事業です!

自分で事業するのがベストですよ!
法人にするか個人でやるかは別として

なんかやってみませんか?

>>>お手伝いしますよ。


【ITS JAPANはあなたの「価値を正しく伝える」お手伝いをします】

例えばマーケティングは、顧客にとって何ら興味のない事なんです。
なぜなら、顧客にとっての価値とは、商品そのものですから。

けど、価値ある商品じゃないと顧客は買ってくれません。
では、価値ある商品をどのように届けたらいいのでしょうか?

それをご提案するのが、マーケティング・ビジネスです。
もし、そのヒントを掴みたいならお役に立てるかもしれません。

お問合せ・ご相談はこちらからどうぞ


【ITSJAPANとは】

ITS JAPAN’sマーケティングについて

◆ITS JAPAN’sミッションについて

ITS JAPAN’sショッピングについて


【セールスマン不要の集客方法】公開中

詳しくはこちら

例えば、固定費を半額にして売上を倍増させるにはどうすれば良いか。

つまり、営業マン1人月額給与35万=年間420万(賞与無の場合)の固定費をカットして、
100万で集客システム、50万で売上アップの仕掛け、50万で継続して収益を得る仕組み作りをします。すると・・・何もしなくても問い合わせが来る⇒売れる⇒儲かると言うことになりますが。

これはほんの1例です。
HMLはマーケティングの悩みを解決させるあなたのパートナーです。

詳しくはこちら

※ HMLとは、ITSJAPANがプロデュースするブランドで、
経済的健康にフォーカスした情報提供を行なっています。

・HML=ハイプロマーケティングラボラトリーの略です。
・HI-PROは、より高い(HI)収益(profit)の意味で

HMLはマーケティングに関する情報をご提案しています。

❖ HMLオススメ「ITSビジネス選書」はこちら


【幸せな家庭・儲かる会社にしたいなら…】

偉業を成し遂げた先人たちは、
信念の裏側には必ず信心があると言っています。

日本では、国造りの頃から日本の神々が祀られ、
自然を尊び、祈りと感謝を繰り返す暮らしを営んで来ました。

古来より神道が人々の生活に密着して来たことは
まぎれもない事実であります。

幸せな家庭や儲かる会社の基盤を築くには
日本人が古来より大切にして来た心を育むことが第一です。

なぜなら、感謝や和平の真髄は神道精神の中にあるからなのです。
神祀り本舗は「心の安らぎ」を得ていただく手順をご提案します。

 神祀り本舗楽天支店

神祀り本舗ヤフー支店

神祀り本舗総合カタログ

※ 神祀り本舗とは、ITSJAPANがプロデュースするブランドで、
心の健康にフォーカスした情報提供を行なっています。

神祭具専門サイトを運営したり、
神道教化・啓発を目的とした情報をご提案しています。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

↓SNSへのフォロー待ってますよ↓

facebook

twitter


いつもブログを見ていただきありがとうございます。ブログランキングにエントリーしていますので「バナーをクリック」して応援して下さい。


ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)