SNSの投稿は考えて書け

コミュニケーションツールとしてのSNSは
今や当たり前の時代になって来ましたが

いろんなアプリがあって
それぞれにその特徴や使いやすさがありますよね。

中でもフェイスブックは時代の先端
とまでもてはやされていますが

実はユーザーの主流が
40代〜60代の男性が多いそうです。

しかも、若い世代から衝撃的な一言があり、
んー、なるほどって考えさせられました。

その一言とは、
ちょっと考えてみてください。




★【興味を引く書き方「25の法則」を今なら無料で公開中】
エントリーはこちら

こっそり教えます!
・ブログ、メルマガ、SNSのコツ
・読んでもらえる書き方
知りたい方はこちら


From:Satoshi Suyama

考え、まとまりました?
何か思いつくことあったでしょうか?

実は、若い世代からは
こんな風に思われているそうです。

それは、
「中高年の自慢話がウザイ」

だそうです。
私も世代的にど真ん中なので、グサッと来ますね〜。

確かに、タイムラインにいろんな投稿が流れて来ますが
今日は何々しましたとか、どこへ行って来ましたとか、

ど〜でもいい話ばかりですよね?
正直、筆者が何しようが知らんがなって感じですが・・・

若い世代にとって
それがウザイと感じるってことは

実際にそうかもしれないと
納得させられる部分でもありますね。

若い世代は情報化社会に育ってますので、実に正直です。
SNSは単なるコミュニケーションツールじゃないってことですよね。

と同時に、投稿に関しては頭を使えってことですよ!
ラポールを築く(共感させる)内容にしなければなりませんね。

例えば、「何々しました・・・」と投稿した場合
読者の反応は「それで?」ですよねー。ハッキリ言って。

だけど、同じ内容の投稿でも
「何々を悟った・・・実は今日こんなことがあって・・・」と投稿した場合

読者の反応は
へ〜、そうなんだ。と少なくとも共感が生まれます。

ウザイかウザくないかは当人の問題ですが
せめて大衆の目に晒す記事なんだからもう少し考えて書けってことですね。

ついでに言っておくと
長い投稿はNGです。長々書いても意味ないです。

なぜなら、ほとんど読まれていません。
写真だけみて、「いいね!」押して即スクロールされてます。

あなたが記事として主張したいことがあれば
ブログを書いた方がいいです。

SNSに投稿した長文はほとんど読まれていないと
思った方がいいですね。

過酷な現実かもしれませんが
受け入れざるを得ないでしょう。

と言う私も、うまい記事かどうかはわかりませんが
書き方のコツはわかっています。

いくらでもシェアしますので
ぜひぜひ参考にして見てください。

興味を引く書き方25の法則


PS:

いいね!の数と読まれているとは比例しません
また、写真だけ見て「いいね!」する場合はかなり多いです。

あと、SNSはコミュニケーションツールであると同時に
ビジネスツールでもあります。

コミュニケーションのみに利用していれば
書き方は工夫した方がいいでしょう。

ビジネスに活用するなら
SNSの場は、ビッグなマーケットですね。

いずれにしろ、
ウザイと思われる投稿は避けた方がいいですね!


興味を引く書き方25の法則


【ITS JAPANはあなたの「価値を正しく伝える」お手伝いをします】

例えばマーケティングは、顧客にとって何ら興味のない事なんです。
なぜなら、顧客にとっての価値とは、商品そのものですから。

けど、価値ある商品じゃないと顧客は買ってくれません。
では、価値ある商品をどのように届けたらいいのでしょうか?

それをご提案するのが、マーケティング・ビジネスです。
もし、そのヒントを掴みたいならお役に立てるかもしれません。

お問合せ・ご相談はこちらからどうぞ


【ITSJAPANとは】

ITS JAPAN’sマーケティングについて

◆ITS JAPAN’sミッションについて

ITS JAPAN’sショッピングについて


【WEB集客代行します】

詳しくはこちら

例えば、固定費を半額にして売上を倍増させるにはどうすれば良いか。

つまり、営業マン1人月額給与35万=年間420万(賞与無の場合)の固定費をカットして、
100万で集客システム、50万で売上アップの仕掛け、50万で継続して収益を得る仕組み作りをします。すると・・・何もしなくても問い合わせが来る⇒売れる⇒儲かると言うことになりますが。

これはほんの1例です。
HMLはマーケティングの悩みを解決させるあなたのパートナーです。

詳しくはこちら

※ HMLとは、ITSJAPANがプロデュースするブランドで、
経済的健康にフォーカスした情報提供を行なっています。

・HML=ハイプロマーケティングラボラトリーの略です。
・HI-PROは、より高い(HI)収益(profit)の意味で

HMLはマーケティングに関する情報をご提案しています。

❖ HMLオススメ「ITSビジネス選書」はこちら


【幸せな家庭・儲かる会社にしたいなら…】

偉業を成し遂げた先人たちは、
信念の裏側には必ず信心があると言っています。

日本では、国造りの頃から日本の神々が祀られ、
自然を尊び、祈りと感謝を繰り返す暮らしを営んで来ました。

古来より神道が人々の生活に密着して来たことは
まぎれもない事実であります。

幸せな家庭や儲かる会社の基盤を築くには
日本人が古来より大切にして来た心を育むことが第一です。

なぜなら、感謝や和平の真髄は神道精神の中にあるからなのです。
神祀り本舗は「心の安らぎ」を得ていただく手順をご提案します。

 神祀り本舗楽天支店

神祀り本舗ヤフー支店

神祀り本舗総合カタログ

※ 神祀り本舗とは、ITSJAPANがプロデュースするブランドで、
心の健康にフォーカスした情報提供を行なっています。

神祭具専門サイトを運営したり、
神道教化・啓発を目的とした情報をご提案しています。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

↓SNSへのフォロー待ってますよ↓

facebook

twitter


いつもブログを見ていただきありがとうございます。ブログランキングにエントリーしていますので「バナーをクリック」して応援して下さい。


ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)