行列のできるレジでも売上は下がる?

From:Satoshi Suyama

連休中、我が家の犬と12年間連続で登った「船通山」は、
標高1,142mで、有名な神話「八岐のおろち」の舞台となった山です。

登頂するやいなや必ず鳥居をくぐり拝礼するんですが、
いつ来ても祠の周辺に陣取って弁当を食べている人たちが目障りです。

頂上が人で溢れ居場所がないほど混雑しているならまだしも
必ずと言っていいほど鳥居や祠の周辺に座り込んでいる人が居る

っていうのは、私にとって理解ができないことなんですが、
まあ、認識が無いか軽視して居るか興味がないかでしょうね。

山頂にはスサノオ神がオロチを退治したときに尾から出た
剣「草薙剣(くさなぎのつるぎ)」が出土したことを記す

「天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)出顕の地」の碑が建っていますし
毎年7月28日に奉納神振行事「宣揚祭」が行われ、神楽「剣の舞」が奉納されます。

霊峰船通山という由緒ある山ですので、無礼者諸君には
バチが当たらないよう、逆に祈っておきますよ。

頂上では犬連れの人と話を交わしたのちすぐ下山しましたが
今年は既にカタクリの花も過ぎているのはわかっていましたから

そんなに期待はしてなかったのですが、なんとなんと
まだ少し残っていて、綺麗な紫色の花が誇らしげに凛と咲き

いよいよ立夏を知らせる勢いで花弁を広げ
自生のカタクリの花保護区でもあるため存在のアピールをし続けているように見えました。

下山後、温泉に入り楽しみにしていた島根和牛のハンバーガーを食べに
横田まで10分車を走らせ、着いたのが3:30頃でした。

車を停め、店の前まで行くと、ガーーーン!
「品切れのため閉店」の張り紙があり、かなりショックでした・・・

仕方がないので道の駅に立ち寄り、買い物をして帰ることにしましたが
どうも小腹がすいてたまりません・・・

けど、甘酒と奥出雲のお酒を買って
さらにおつまみもチョイスしてからレジへ

するとついつい、マーケティング目線で見てしまう癖があり
この店で気が付いた3点を挙げてみることにしました・・・

  1. 購買意欲を高める「限定品」の札が小さい
  2. レジの配置と並び方がうまくできていない
  3. フードコートが無い

1は、限定品の札を見つけたから買ったんです。
これが、小さいので目立たず、かなり損してるなって思いました。

2は、レジが「L字」になっていて、両端2箇所にレジスターがあります
さらに言うと、L字に沿って商品の陳列もしてあるので

1箇所は列になり、もう1箇所はほぼ並んでいませんし、
列になっている後ろの方からはもう1箇所並べるように見えないんです。

この作りを見て、効率悪って思った瞬間どこに並べば早いかわかりました
なぜなら、両方とも一旦並んでしまうと死角になるからですよ。

客の動線も計算してないし、混雑時のはけも悪いので
タイムロスが発生してかなり損してるなって思いました。

3は、小腹がすいていたせいもあってか
何か食べたいって思いで立ち寄ったんですが、何も無い。

せめて立ち食いでも良いから亀嵩そば(地元特産)でもあれば
おそらく並んで待つほど人気になると思いますね。

それと、フードコートを設置することによって客の滞在時間が増え
客単価も大幅に増える可能性はあります。これもかなり損してますね。

いや、別に私が経営する店じゃないので余計なお節介ですけど
誰がマーケティングを担当しているのか興味があります。

仮にテストマーケティングだったとしてもいつ改善するのか?って
そう思ってしまいます。なぜなら、去年となんら変わってませんから。

昨年も同じコースで登山からのバーガー、そして道の駅へ寄って帰路
でしたので、昨年との違いは・・・

バーガーの売り切れのみ。これは想定外でした。
道の駅の雰囲気は、と言うと特に変わった様子はないですね。

売上は、客数×客単価ですから、客数のみに気を取られていると
本当に欲しい売上を落とすことになりますよ。注意したいものです。

集客無料相談
今回は、インターネットマーケティングについてです

興味がありましたらどうぞ


PS:

スマフォアプリ公開中!無料ダウンロードできます。

iPhone

Android

スマフォからQRコードを読み込めば簡単にアクセスできます。

qr


PPS:

★【興味を引く書き方「25の法則」を今なら無料で公開中】
エントリーはこちら

こっそり教えます!
・ブログ、メルマガ、SNSのコツ
・読んでもらえる書き方
知りたい方はこちら


【販売促進に関するプロモーション制作のご提案】

例えばマーケティングは、顧客にとって何ら興味のない事なんです。
なぜなら、顧客にとっての価値とは、商品そのものですから。

けど、価値ある商品じゃないと顧客は買ってくれません。
では、価値ある商品をどのように届けたらいいのでしょうか?

それをご提案するのが、セールスプロモーションです。
もし、そのヒントを掴みたいならお役に立てるかもしれません。

お問合せ・ご相談はこちらからどうぞ


【ITSJAPANとは】

ITS JAPAN’sマーケティングについて

◆ITS JAPAN’sミッションについて

ITS JAPAN’sショッピングについて


【HML】のWEB集客・プロモーション制作

詳しくはこちら

例えば、固定費を半額にして売上を倍増させるにはどうすれば良いか。

つまり、営業マン1人月額給与35万=年間420万(賞与無の場合)の固定費をカットして、
100万で集客システム、50万で売上アップの仕掛け、50万で継続して収益を得る仕組み作りをします。すると・・・何もしなくても問い合わせが来る⇒売れる⇒儲かると言うことになりますが。

これはほんの1例です。
HMLは販売促進・集客の悩みを解決させるあなたのパートナーです。

詳しくはこちら

※ HMLとは、ITSJAPANがプロデュースするブランドで、ハイプロマーケティングラボラトリーの略で、HI-PROはより高い(HI)収益(profit)の意味です。
経済的健康にフォーカスした情報提供を行なっています。

HMLはマーケティングに関する情報をご提案しています。

❖ HMLオススメ「ITSビジネス選書」はこちら


【MML】の幸せな家庭・儲かる会社にしたいなら…

偉業を成し遂げた先人たちは、
信念の裏側には必ず信心があると言っています。

日本では、国造りの頃から日本の神々が祀られ、
自然を尊び、祈りと感謝を繰り返す暮らしを営んで来ました。

古来より神道が人々の生活に密着して来たことは
まぎれもない事実であります。

幸せな家庭や儲かる会社の基盤を築くには
日本人が古来より大切にして来た心を育むことが第一です。

なぜなら、感謝や和平の真髄は神道精神の中にあるからなのです。
神祀り本舗は「心の安らぎ」を得ていただく手順をご提案します。

 神祀り本舗楽天支店

神祀り本舗ヤフー支店

神祀り本舗総合カタログ

※ MMLとは、ITSJAPANがプロデュースするブランドで、メンタルマネジメントラボラトリーの略です。心の健康にフォーカスした情報提供を行なっています。

中でも「神祀り本舗」は、神祭具専門サイトを運営したり、神道教化・啓発を目的とした情報をご提案しています。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

↓SNSへのフォロー待ってますよ↓

facebook

twitter


いつもブログを読んでいただきありがとうございます。ブログランキングにエントリーしていますので「バナーをクリック」して応援して下さい。


ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)