イベントもビジネスなので集客は大事だが

5811b792810706d51ec513ddf5e085c5_s

すごいところで自転車乗ってますよね?
けど、マウンテンバイクなら

このくらいの傾斜を降りるって当たり前です。
それが楽しいって乗り物ですから。


★【ITSメルマガ(購読無料)】登録はこちら
⇒ https://canyon-ex.jp/fx19296/its01
こっそり教えます!
・ブログ、メルマガ、SNSのコツ
・読んでもらえる書き方
知りたい方はこちら
⇒ https://canyon-ex.jp/fx19296/its01


From:Satoshi Suyama(ITS GROUP CEO)

今年で9回目になりました大山MTBカーニバルですが、
実は、締切までに数字が上がらずヒヤヒヤしてました。

締切まで残り1週間ってところから
グングンエントリーが増え(ギリギリまで検討したんでしょーね)

締切を迎える頃には(終盤の伸びがスゴイ)
例年並みに来たので安堵したんです。

今年はスタートから色々あって、
やるのやらないのでモメた期間があり、

募集開始までに時間がかかってしまいました。
出遅れた感じ+ポスターや紙媒体がゼロ。

そんな中で活躍したのがSNSの存在ですね。
このネットワークには感心させられました。

さらに、過去の参加者に対して3ステップメールの送信や
協賛金を募るメッセージ付きのHPトップ画面など

あらゆる手段で告知してメディアにメッセージを届け
反応を見ては繰り返し告知を重ねていったのです。

これって実は、マーケティングの手法で
3M(メッセージ・メディア・マーケット)に対し

ヒットさせるように考えられた戦略なんです。
って言うと大げさな感じがしますが

実際、マーケティングを学んでいて良かったと思える
結果が得られ、自分としては満足しています。

これ、普通にプロジェクトとしてマーケティングを
アウトソースした場合、結構持って行かれますよ。

正直、イベントもビジネスなんで集客には変わりなく
マーケティングがしっかりしてないと人は集まらないのです。

意外にコレ知らない人が多く、また知らないからできないし
どうしたら人を集められるのか解らないで終わっちゃいます。

だから、大きなイベントになると大手コンサル会社や
イベント専門業者などががっぽり稼いで、地元にお金は落ちず

イベントは成功したように思えても実は
外部にお金を使っただけで何も残らないという結末です。

だから、あちこちで火がついては消え、その繰り返しで
補助金使ったイベントなら、ハッキリ言って税金の無駄使いです。

ひどい話ですよね。地元にお金は落ちず外部に使い
何の地域振興にもつながらずイベントは予算が無くなって終了です。

そんなイベント何例も見て来ましたが、
思うのが、イベントコンサル会社ってウマイよな。って。


PS

誤解してほしくないのはイベントコンサルって
決して騙しているわけじゃないんですよ。

言われるがまま、されるがままになっているところが問題で
お互いにマーケティングが解っていれば、問題はないのです。

マーケティングを学んで損する事はありません。
むしろ得します。あなたも学んでみませんか?

オススメはこちら
秘・資産形成術(著者:マイケル・マスターソン)
⇒ http://directlink.jp/tracking/af/1353395/i95rNRqh/


あなたに何か問題があるなんて
思いもつかないでしょうが

もし問題点を探すことができれば
その解決策も導き出せると思います。

自分で問題点を見つける事はなかなかできません。
なぜなら自分に問題があるとは気が付かないからです。

もし、マーケティングで悩んでいるなら
問題点探しのお手伝いができると思います。

ご相談下さい。
もちろん、無料です。

ご相談はこちらからどうぞ
⇒ http://its-japan.jp/form/


◆幸せな家庭・儲かる会社の環境設定はこちら
⇒ http://www.its-japan.jp/k_002.html

◆神祀り本舗ショッピングサイトはこちら
⇒ http://store.shopping.yahoo.co.jp/its-japan/

◆HI-PROオススメ情報はこちら
大富豪の仕事術 (著者:マイケル・マスターソン)
⇒ http://directlink.jp/tracking/af/1353395/dVZwZj1O/
大富豪の起業術 (著者:マイケル・マスターソン)
⇒ http://directlink.jp/tracking/af/1353395/5Fwhitbr/

【HI-PRO(ハイプロ)】とは、
ITSJAPANがプロデュースするブランドで、
より高い(HI)収益(profit)を狙うための
マーケティングラボラトリーのことです。

例えば、固定費を半額にして売上を倍増させるにはどうすれば良いか。

つまり、営業マン1人月額給与35万=年間420万(賞与無の場合)の固定費をカットして、
100万で集客システム、50万で売上アップの仕掛け、50万で継続して収益を得る仕組み作りをします。すると・・・何もしなくても問い合わせが来る⇒売れる⇒儲かる。

これはほんの1例です。
HI-PROはマーケティングの悩みを解決させるあなたのパートナーです。

詳しくはこちら
⇒ http://its-japan.jp/service/


最後まで読んでいただきありがとうございました。
では、また。


★【ITSメルマガ(購読無料)】登録はこちら
⇒ https://canyon-ex.jp/fx19296/its01
こっそり教えます!
・ブログ、メルマガ、SNSのコツ
・読んでもらえる書き方
知りたい方はこちら
⇒ https://canyon-ex.jp/fx19296/its01


いつもブログを見ていただきありがとうございます。ブログランキングにエントリーしていますので「バナーをクリック」して応援して下さい。


ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)