あなたは何屋って答えられますか?

9cbd5428919c02dbb6d05b837c1bb8da_s

あなたは何の仕事をしていますか?
って聞かれますよね。

その時、なんて答えますか?
〇〇屋です。とか、〇〇関係のビジネスとかですか?


★【ITSメルマガ(購読無料)】登録はこちら
⇒ https://canyon-ex.jp/fx19296/its01
こっそり教えます!
・ブログ、メルマガ、SNSのコツ
・読んでもらえる書き方
知りたい方はこちら
⇒ https://canyon-ex.jp/fx19296/its01


From:Satoshi Suyama


先日、鳥取市で初めて行われたトライアスロン大会の審判に行ってきました。
ショートなのにスタートが7:50って

何それ?という朝の早さです。
当然ながらスタッフの集合時間は早朝5:00で

まだ薄暗い中、なんやかんや打合せしてます。
皆生大会とほぼ同じ時間からの運営スタートってことですよ。

担当は、サイクル移動マーシャルでした。最初はジュニアBの
後尾につけろって事でしたが、持参したバイクがMTBなので

付いていく事ができなくて簡単に引き離され大失態。
責任感のあるS君に怒られてしまいシュン。としててもショーが無い

ので、ランからバッチリ後尾をつけて任務完了。
その後ランコースの移動マーシャルでMTBの小回りが威力発揮。

自分なりにMTBのもんだぜ!と言いながら
48㎞も楽しんでしまった。ことに満足して無事終了。

当日マーシャルは、こんな感じで事なきを得
無事大会も大成功に終わったのです。

その前日のことでした。マーシャルだけで懇親会がありまして
まあ、自己紹介しながら大盛り上がりの宴会です。

そんな中、個々に話をする機会が必ずあるわけですが
話の中に「何の仕事やってますか?」って聞くのは自然のことですよね。

僕は、マーケティングの会社をやってますって答えたんだけど
はたして、それが正解の答え方かと後になって考えたんです。

たいていの人が、何かの商品やサービスを扱っている際には
その〇〇屋です。といったような関連した答え方をしますよね。

じゃ、特定のモノを扱っている場合にはその特定のモノありきの
〇〇屋になってしまうって事で、それ以外のモノは売ってないのか

って事になりますよね。例えば「印刷屋です」と答えたら印刷以外
売ってないって事になり、デザインや出版物、WEBコンテンツ系は

できないのか?って事に判断されがちです。けど、「広告や販促物を
かたちにする仕事です」と言い換えたらどうでしょう。

幅広い意味で捉える事ができるので、じゃあ印刷もできるんですか?
とご要望まで引き寄せる事にもつながります。

そう考えると、僕が答えたマーケティングの仕事って
もの凄く解りにくいし、実際何やってんの?って感じですね。

言った瞬間、あっ失敗したと思いましたが後の祭り。
ま、いいや。それなんですか?って聞かれたら説明しよう

とまで思っていましたが、軽くスルーされてしまいましたwww。
だから、自分っていったい何屋なんだろうと考えたのです。

簡単に答えは見つかりませんが、今のところですよ、
「健康バランスをアドバイスする仕事」っていうのはどうかなと。

健康と言っても心・体・経済的な健康の事で
適切なアドバイスを基にビジネス展開をしているってのはどうかな。

こう言えば、心の健康では日本の心・神道の精神を伝え
身体の健康では、運動やスポーツへ関心をもっていただき

経済的健康では、集客・販促・マーケティングについて
アドバイスしたりノウハウやスキルを提供できますね。

結局、〇〇屋と答えてしまえば、特定のモノから逃れられず
それ一品になってしまうので他に何かできたとしても

そう答えた以上もったいない話に終わってしまうのです。
そうならないためにも、自分は何屋か考えて置くべきでしょね。

PS

まだまだ、これが正解って答えは出ていません。
が、だんだんブラッシュアップしていくはずです。

そして、自分が世の中に提供するものは何かが解ってくるでしょう。
たぶん、何屋と一括りで言い表されないところが

自分にとってのビジネススタイルだと思います。
結局ビジネスって、何を売ってもいいんですからね。


あなたに何か問題があるなんて
思いもつかないでしょうが

もし問題点を探すことができれば
その解決策も導き出せると思います。

自分で問題点を見つける事はなかなかできません。
なぜなら自分に問題があるとは気が付かないからです。

もし、マーケティングで悩んでいるなら
問題点探しのお手伝いができると思います。

ご相談下さい。
もちろん、無料です。

ご相談はこちらからどうぞ
⇒ http://its-japan.jp/service/consulting/free-c/


◆幸せな家庭・儲かる会社の環境設定はこちら
⇒ http://www.its-japan.jp/k_002.html

◆神祀り本舗ショッピングサイトはこちら
⇒ http://store.shopping.yahoo.co.jp/its-japan/

◆HI-PROオススメ「ITSビジネス選書」はこちら
⇒ http://its-japan.jp/service/marketing/b-select/

【HI-PRO(ハイプロ)】とは、
ITSJAPANがプロデュースするブランドで、
より高い(HI)収益(profit)を狙うための
マーケティングラボラトリーのことです。

例えば、固定費を半額にして売上を倍増させるにはどうすれば良いか。

つまり、営業マン1人月額給与35万=年間420万(賞与無の場合)の固定費をカットして、
100万で集客システム、50万で売上アップの仕掛け、50万で継続して収益を得る仕組み作りをします。すると・・・何もしなくても問い合わせが来る⇒売れる⇒儲かる。

これはほんの1例です。
HI-PROはマーケティングの悩みを解決させるあなたのパートナーです。

詳しくはこちら
⇒ http://its-japan.jp/service/


最後まで読んでいただきありがとうございました。
では、また。


★【ITSメルマガ(購読無料)】登録はこちら
⇒ https://canyon-ex.jp/fx19296/its01
こっそり教えます!
・ブログ、メルマガ、SNSのコツ
・読んでもらえる書き方
知りたい方はこちら
⇒ https://canyon-ex.jp/fx19296/its01


いつもブログを見ていただきありがとうございます。ブログランキングにエントリーしていますので「バナーをクリック」して応援して下さい。


ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)