並ぶ店も作り方による

三連休ど真ん中、台風18号が日本列島を縦断中につき
屋外のイベントは悉く中止になりました。

エントリーしていた倉敷国際児島トライアスロンも
中止となり、気が抜けて何もする気がしません。

と言いながら、この際にやることを見つけるのが
切り替えの良さであり、

タイムマネージメントを学んできた
意味があるってもんです。

えっ?何をしたかって?
決まってるじゃないですか。

仕事ですよ仕事。
(笑)仕事しかやることないのか?って感じですね。

いやいや、そんなことはないですよ。
大雨の中、約100kmのドライブと

買い物をして、
妻と犬と一緒にパニーニでカフェしてきました。


★【興味を引く書き方「25の法則」を今なら無料で公開中】
エントリーはこちら

こっそり教えます!
・ブログ、メルマガ、SNSのコツ
・読んでもらえる書き方
知りたい方はこちら


From:Satoshi Suyama

鳥取県湯梨浜町から東郷湖畔を北へ進むと
松崎町ってところがありますが、

東郷湖畔を臨むカフェレストランがあります
ここが、パニーニ。

綺麗な建物で、妻が一度訪れて気に入ったので
ぜひ行ってみようってことで

連れて行かされたってことですね。
さすがに犬は入れませんでしたが

店内は、東郷湖が一望でき
足湯まであって、ゆっくりくつろげるスペースになっています。

言ってみればなんてことはないパン屋主体のレストランで
ドリンクバーがあってゆっくりできる作りです。

入店すると、いきなりパンが並べてあって
パン屋のごとくこれをトングで掴み

トレイに入れてレジで清算するシステムなんですが
店の作りと動線がイマイチな感じでした。

入って左側にパンが並べてあって
その後ろにもあって、さらに島を挟んでその向こうにも

足湯の背面側で突き当たりも商品はあり、
レジ周りにもある。

これでは、順序よく取っていくことができず、
気になるものがあれば引き返し、

また気になるものがあれば右往左往する感じで
まさに混雑時にはトラブルが発生しかねない作りです。

これでは、欲しいものがあっても見逃すし
客同士の入れ違いに気を配らないと

トレイを持っての移動には
かなり気を使う始末です。

レジスペースにも問題があって
客はトレイを持ってくるわけだから、

広く取ってあるべきのところ、結構狭い。
しかも、前の客が買ったものを袋詰めし終わるまで

トレイを置けない。持っていなければならず
並ぶ客は全て手にトレイを持たなければならないのです。

この作りではたぶん、
マーケティングがわかっていないでしょう。

限られたスペースでパンを焼き、焼きたてを店頭に出し
陳列をして販売をし、さらに効率よく回転させなければならない。

かつ、店内でくつろげるスペースをって考えると
欲張りすぎです。店の経営はいつか、壁に当たるでしょう。

余計なお世話ですが、どうすればいいか考えてみました。
まず、客席を減らし効率よく回せるパン屋を配置します。

パン屋は並んででも欲しいものがあれば人は来ますので
狭くても人は並びます。

また、並ぶことによって客寄せにもなるので
店のレイアウトはパン屋をメインにしたほうがいいでしょう。

で、レストランは入り口を別にします。
パンを買ってからレストランに入れる場合は空席がある時のみです。

パン屋はパン屋、レストランはレストランで考えて
レイアウトすべきですね。

二兎を追うもの一兎も得ずと言いますが、
まさにこのスタイルですね。

せっかく綺麗なレストランですから、もったいない。
もうちょっとマーケティングをうまく考えればいいのにって思います。

ま、設計段階でコンサルは入っているでしょうけど
これじゃ素人の作りと一緒ですよ。

ついでに言っちゃうと
駐車場も変な作りでしたよ。気がつく人はわかりますがね。

1日も早く問題点が見つかり
改善されることを期待します。頑張ってください。


PS:

スマフォアプリ公開中!無料ダウンロードできます。

iPhone

Android

スマフォからQRコードを読み込めば簡単にアクセスできます。

qr


【ITS JAPANはあなたの「価値を正しく伝える」お手伝いをします】

例えばマーケティングは、顧客にとって何ら興味のない事なんです。
なぜなら、顧客にとっての価値とは、商品そのものですから。

けど、価値ある商品じゃないと顧客は買ってくれません。
では、価値ある商品をどのように届けたらいいのでしょうか?

それをご提案するのが、マーケティング・ビジネスです。
もし、そのヒントを掴みたいならお役に立てるかもしれません。

お問合せ・ご相談はこちらからどうぞ


【ITSJAPANとは】

ITS JAPAN’sマーケティングについて

◆ITS JAPAN’sミッションについて

ITS JAPAN’sショッピングについて


【WEB集客代行します】

詳しくはこちら

例えば、固定費を半額にして売上を倍増させるにはどうすれば良いか。

つまり、営業マン1人月額給与35万=年間420万(賞与無の場合)の固定費をカットして、
100万で集客システム、50万で売上アップの仕掛け、50万で継続して収益を得る仕組み作りをします。すると・・・何もしなくても問い合わせが来る⇒売れる⇒儲かると言うことになりますが。

これはほんの1例です。
HMLはマーケティングの悩みを解決させるあなたのパートナーです。

詳しくはこちら

※ HMLとは、ITSJAPANがプロデュースするブランドで、
経済的健康にフォーカスした情報提供を行なっています。

・HML=ハイプロマーケティングラボラトリーの略です。
・HI-PROは、より高い(HI)収益(profit)の意味で

HMLはマーケティングに関する情報をご提案しています。

❖ HMLオススメ「ITSビジネス選書」はこちら


【幸せな家庭・儲かる会社にしたいなら…】

偉業を成し遂げた先人たちは、
信念の裏側には必ず信心があると言っています。

日本では、国造りの頃から日本の神々が祀られ、
自然を尊び、祈りと感謝を繰り返す暮らしを営んで来ました。

古来より神道が人々の生活に密着して来たことは
まぎれもない事実であります。

幸せな家庭や儲かる会社の基盤を築くには
日本人が古来より大切にして来た心を育むことが第一です。

なぜなら、感謝や和平の真髄は神道精神の中にあるからなのです。
神祀り本舗は「心の安らぎ」を得ていただく手順をご提案します。

 神祀り本舗楽天支店

神祀り本舗ヤフー支店

神祀り本舗総合カタログ

※ 神祀り本舗とは、ITSJAPANがプロデュースするブランドで、
心の健康にフォーカスした情報提供を行なっています。

神祭具専門サイトを運営したり、
神道教化・啓発を目的とした情報をご提案しています。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

↓SNSへのフォロー待ってますよ↓

facebook

twitter


いつもブログを読んでいただきありがとうございます。ブログランキングにエントリーしていますので「バナーをクリック」して応援して下さい。


ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)