いずれ消滅する職業と地名とは

From:Satoshi Suyama

19歳の警察官が上司を拳銃で撃った事件、どう思います?
未成年の犯罪とは言え、立場は社会の治安を守る警察ですよ

精神的に未成熟では警察官が務まらないでしょ?
って思う反面、衝動的に何するかわからない世代ってことでしょうかね?

ある統計によると2025年、日本の人口の5人に1人は75歳以上で
3人に1人は65歳以上になるらしいです。

これはどう言うことを示すのかと言うと
簡単に言えば老人大国になってしまうってことでしょう・・・

老人は増加する一方で、数少ない若者が労働力の中心となっていくわけですが
社会人として先ず学ぶべき事といえば、我慢と忍耐ですよね?

若い世代の教育係として社会人のいろはを教えたにも関わらず、
拳銃ぶっ放されたらたまったもんじゃないですよね?

そう考えると、この先果たして大丈夫なんでしょうか?
って思いますが・・・前途有望な青年も居ますから彼らに期待しましょう。

この老人大国、推定する年から言えば、7年後ってことでしょうが
若干前後するにしてもこの現象は免れようのないことになります。

単純計算、国民の半数が老人ですから稼ぎ出す労働人口が
減って行くとどうなるかって言うと、国力が低下しますね

今は景気がいいとか、慢性的な人手不足とか言ってますけど
今後どうなるのか、わかりません。

おそらく人手不足は続くでしょうが、景気が良くなり続ける
ってことはないでしょう。

いずれ、AIやテクノロジーは発達して行きますから
人手に代わってロボットが支配する時代はやがて来ます

そうすると人が介入しない仕事の現場も増えて行き
人手を必要としていた職業が無くなっていくことも考えられます

今年4月から物流のコストが大幅にアップしましたが
私たちにとってはダメージが大きいですね。

しかし、物流が将来的には無人化することも考えられていますので
今はメチャ高いけどいずれ安くなるってこともありえますよね。

それまで生きてるか?って言われると、わかりませんけど
そんな時代が来る事は想像に難しくないようですね。

2025年の日本がそんな状態で驚いてはいけませんよ・・・
その15年後、2040年になると、団塊のジュニア世代が65歳になります

さらに、その頃には今ある都市が消滅していると想定され
現存する所在地名が変更になるか無くなるかのどちらかになるみたいですね。

想像すると恐ろしくなって来ますが、時は待ってくれません
過去を振り返り、将来を見つめて、今を精一杯生きるだけです

時代が未来へと流れていけば、移り変わりはあります
無くなるものがあれば、代わるものと、無くならないものがあります。

時代に対応してこそ生きるって事なんでしょうね。
さて、あなたの職業は?あなたの住所は?2040年ありますか?

無くならないものの一つで生活に直結する経済は欠くことのできない要素ですが
ビジネスの形態も変貌を遂げるでしょう。

しかし、売買が成立しないビジネスなんて皆無に等しいでしょうから
どう成立させるかにフォーカスされ、もっとブラッシュアップされるでしょう

商品開発や研究などプロダクトの分野は体系化され縮小するのでは?と考えますが、
一方でそれを誰にどう売るのか?と言う売り手側の競合が激しくなると思います。

いつの時代でも希望を叶えてくれる商品は欲しいものです!!!そうですよね?
それをどうやって手に入れるのか?って言うマーケティングスキルこそ

重要になってくるってことですよ・・・今でさえ顕著になりつつありますから。
中でももっとも大事なのが、プロモーションの制作です。

プロモーションとは、販売促進に関する広告やそのプロセスをさしますが
マーケティングとセールスライティングのスキルがないとかなり難しいと言えます

つまり、マーケティング会社は無くならない職種なんですよ。
善は急げ!って事で今のうちから2025年対策に備えましょう。

▶︎何かアクションを起こしたいって方は、
こちらのリンクからコメントしてください。

集客無料相談
今回は、インターネットマーケティングについてです

興味がありましたらどうぞ


PS:

スマフォアプリ公開中!無料ダウンロードできます。

iPhone

Android

スマフォからQRコードを読み込めば簡単にアクセスできます。

qr


PPS:

★【興味を引く書き方「25の法則」を今なら無料で公開中】
エントリーはこちら

こっそり教えます!
・ブログ、メルマガ、SNSのコツ
・読んでもらえる書き方
知りたい方はこちら


【販売促進に関するプロモーション制作のご提案】

例えばマーケティングは、顧客にとって何ら興味のない事なんです。
なぜなら、顧客にとっての価値とは、商品そのものですから。

けど、価値ある商品じゃないと顧客は買ってくれません。
では、価値ある商品をどのように届けたらいいのでしょうか?

それをご提案するのが、セールスプロモーションです。
もし、そのヒントを掴みたいならお役に立てるかもしれません。

お問合せ・ご相談はこちらからどうぞ


【ITSJAPANとは】

ITS JAPAN’sマーケティングについて

◆ITS JAPAN’sミッションについて

ITS JAPAN’sショッピングについて


【HML】のWEB集客・プロモーション制作

詳しくはこちら

例えば、固定費を半額にして売上を倍増させるにはどうすれば良いか。

つまり、営業マン1人月額給与35万=年間420万(賞与無の場合)の固定費をカットして、
100万で集客システム、50万で売上アップの仕掛け、50万で継続して収益を得る仕組み作りをします。すると・・・何もしなくても問い合わせが来る⇒売れる⇒儲かると言うことになりますが。

これはほんの1例です。
HMLは販売促進・集客の悩みを解決させるあなたのパートナーです。

詳しくはこちら

※ HMLとは、ITSJAPANがプロデュースするブランドで、ハイプロマーケティングラボラトリーの略で、HI-PROはより高い(HI)収益(profit)の意味です。
経済的健康にフォーカスした情報提供を行なっています。

HMLはマーケティングに関する情報をご提案しています。

❖ HMLオススメ「ITSビジネス選書」はこちら


【MML】の幸せな家庭・儲かる会社にしたいなら…

偉業を成し遂げた先人たちは、
信念の裏側には必ず信心があると言っています。

日本では、国造りの頃から日本の神々が祀られ、
自然を尊び、祈りと感謝を繰り返す暮らしを営んで来ました。

古来より神道が人々の生活に密着して来たことは
まぎれもない事実であります。

幸せな家庭や儲かる会社の基盤を築くには
日本人が古来より大切にして来た心を育むことが第一です。

なぜなら、感謝や和平の真髄は神道精神の中にあるからなのです。
神祀り本舗は「心の安らぎ」を得ていただく手順をご提案します。

 神祀り本舗楽天支店

神祀り本舗ヤフー支店

神祀り本舗総合カタログ

※ MMLとは、ITSJAPANがプロデュースするブランドで、メンタルマネジメントラボラトリーの略です。心の健康にフォーカスした情報提供を行なっています。

中でも「神祀り本舗」は、神祭具専門サイトを運営したり、神道教化・啓発を目的とした情報をご提案しています。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

↓SNSへのフォロー待ってますよ↓

facebook

twitter


いつもブログを読んでいただきありがとうございます。ブログランキングにエントリーしていますので「バナーをクリック」して応援して下さい。


ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)