まんまと乗せられちゃった

From:Satoshi Suyama

久しぶりに紳士服のショップへ行ったのですが
中はガランとして客もまばら、

それもそのはず、外は大雨だし
フレッシャーズセールも終わって一段落した頃なので

これはラッキーだと思って店内を物色していると
お目当の物の品数が少ない事にガッカリ。

この店に入る前には前段があって
先ずは、お昼時には丸亀製麺に並んで昼食をいただくと

その隣にある紳士服ショップへは行かず、
道路を隔てて向かい側のショップへ行って、

店内をぐるっと回り、来店記念品のトートバッグだけをもらって店を出る。
そして、丸亀製麺の隣にあるショップまで舞い戻ってきたって話です。

なぜ、こんな動きになったか?って言うと
やはりお目当の品数が少ない事と、店員の対応がイマイチなので

ショップをはしごしてしまいました。
初めから丸亀製麺の隣に行くって選択肢もありましたが、

トートバッグは欲しかったので、それだけでもと思っての事。
しかし、それだけで店を出て果たして正解だったかな?

って思ったのは・・・
次に行ったショップでカードを作らされてしまったって事です。

ま、一応大手の紳士服店ですからスケールは違いますね
あの佐々木希さんがCMに出てるところです

で、最初は拒んだんです。
なぜかと言うと、年会費が発生するので、要らないと答えたんですが

そこは営業トークの決まり文句があって・・・
年会費が1300円程度ですがポイントが溜まって

さらには、年1回3000円の商品券がもらえるので実質お得です!と
そして、5%割引もあるし、今月は誕生月前ってことで10%割引になります!と

このカードが無いと割引はできないしポイントも入りません。
で、年1回3000円の商品券を差し上げますので十分元が取れます!と

そこで考えたんです。年に何回来るかって事です。
今回が久しぶりに紳士服店へ来た訳で、さ〜、1年は来てないはず

そうなると、この頻度で来れるのか?と計算して
まだ、要らないと言いましたが・・・今回のように消耗品だけでも買ってもらえば

十分に元が取れて、さらにお得なので・・・と言われ
あっ、そうか・・・今回購入したものは消耗品なんだと言う事に気がつき

なるほど。思いきり説得させれた感がアリアリでしたが、カードを作ってしまいました。
さらに、アプリ登録されると便利です!とまで言われたんで、

めんどくさいけど、まいいかって思い
アプリまでまんまと登録させられちゃいました。

マーケティングでいう、まさに顧客の囲い込みを
目の前で調子よくプレゼンされ、乗せられてしまったのですよ。

ここで、重要なポイントは何か?考えてみましょう。
「商品券、割引ポイント、アプリの登録」はリードですね

実際にこのリードでは新規見込み客を顧客に転換させています
ので、ほぼ赤字です。

しかし、ここからが大事。今後、客として購入する確率は?と言うと
かなり高くなりますよね?少なくとも商品券は使うでしょ。

そうすると、どうなるかと言うと顧客がリピートを生む訳ですので
このショップのLTVを引き上げる事に関係して来ますから、

結果として、この紳士服店は儲かると言った仕組みです。
さすが大手ですので、かなり仕組みに経費をかけていますが

いくら仕組みを作ってもうまく運用されなければ意味はありません。
今後どんなセールスをして来るのか楽しみですね。

一消費者なのに、売り方に興味があるなんて
我ながら変わった目線でモノを見てるなって思いましたwww。

集客無料相談
今回は、インターネットマーケティングについてです

興味がありましたらどうぞ


PS:

スマフォアプリ公開中!無料ダウンロードできます。

iPhone

Android

スマフォからQRコードを読み込めば簡単にアクセスできます。

qr


PPS:

★【興味を引く書き方「25の法則」を今なら無料で公開中】
エントリーはこちら

こっそり教えます!
・ブログ、メルマガ、SNSのコツ
・読んでもらえる書き方
知りたい方はこちら


【販売促進に関するプロモーション制作のご提案】

例えばマーケティングは、顧客にとって何ら興味のない事なんです。
なぜなら、顧客にとっての価値とは、商品そのものですから。

けど、価値ある商品じゃないと顧客は買ってくれません。
では、価値ある商品をどのように届けたらいいのでしょうか?

それをご提案するのが、セールスプロモーションです。
もし、そのヒントを掴みたいならお役に立てるかもしれません。

お問合せ・ご相談はこちらからどうぞ


【ITSJAPANとは】

ITS JAPAN’sマーケティングについて

◆ITS JAPAN’sミッションについて

ITS JAPAN’sショッピングについて


【HML】のWEB集客・プロモーション制作

詳しくはこちら

例えば、固定費を半額にして売上を倍増させるにはどうすれば良いか。

つまり、営業マン1人月額給与35万=年間420万(賞与無の場合)の固定費をカットして、
100万で集客システム、50万で売上アップの仕掛け、50万で継続して収益を得る仕組み作りをします。すると・・・何もしなくても問い合わせが来る⇒売れる⇒儲かると言うことになりますが。

これはほんの1例です。
HMLは販売促進・集客の悩みを解決させるあなたのパートナーです。

詳しくはこちら

※ HMLとは、ITSJAPANがプロデュースするブランドで、ハイプロマーケティングラボラトリーの略で、HI-PROはより高い(HI)収益(profit)の意味です。
経済的健康にフォーカスした情報提供を行なっています。

HMLはマーケティングに関する情報をご提案しています。

❖ HMLオススメ「ITSビジネス選書」はこちら


【MML】の幸せな家庭・儲かる会社にしたいなら…

偉業を成し遂げた先人たちは、
信念の裏側には必ず信心があると言っています。

日本では、国造りの頃から日本の神々が祀られ、
自然を尊び、祈りと感謝を繰り返す暮らしを営んで来ました。

古来より神道が人々の生活に密着して来たことは
まぎれもない事実であります。

幸せな家庭や儲かる会社の基盤を築くには
日本人が古来より大切にして来た心を育むことが第一です。

なぜなら、感謝や和平の真髄は神道精神の中にあるからなのです。
神祀り本舗は「心の安らぎ」を得ていただく手順をご提案します。

 神祀り本舗楽天支店

神祀り本舗ヤフー支店

神祀り本舗総合カタログ

※ MMLとは、ITSJAPANがプロデュースするブランドで、メンタルマネジメントラボラトリーの略です。心の健康にフォーカスした情報提供を行なっています。

中でも「神祀り本舗」は、神祭具専門サイトを運営したり、神道教化・啓発を目的とした情報をご提案しています。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

↓SNSへのフォロー待ってますよ↓

facebook

twitter


いつもブログを読んでいただきありがとうございます。ブログランキングにエントリーしていますので「バナーをクリック」して応援して下さい。


ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)