集客ができていても売れない実態

From:Satoshi Suyama

約12時間、仕事から離れて京都を往復したが、
考えてみれば移動時間に8時間、

現地滞在時間が4時間という旅程は
有意義なのかそれとも無意味なのか

価値観によっては別れる判断だろう。
行動時間は12時間であれ、

準備や前後を含めると人によっては15時間以上の労力を
この旅程に突っ込む分けで、

こと「時間」だけを考えると大変貴重である。
ダン・ケネディのタイムマネジメントを学んでから、

時間の大切さが良くわかるようになってきた。
時間が資産を産み、資産は時間から形成されて居ると考えれば、

無駄な使い方はしたくないので有効的かつ効率よく使いたい。
ただ、時間をかけないとできなものもある

つまり、本物を見たり学んだりすることは
時間の云々かかわらず、かけがえのない教養であり保養でもある。

何を見てどう捉えるかは個々の自由なので、
言及はしないが、常にマーケティング目線で見てしまうのはもう癖になりつつある。

国宝、石清水八幡宮に正式参拝した後
縷々説明を受けたが、

説明の仕方っていうのは個性が出るものである。
聞いた説明が良いか悪いかの評価は別として

自分ならこうするのになぁって思う点が
いくつかあった。ということは、他人のスピーチって勉強になる。

京都の見学も食事含め4時間で納めるため
そうゆっくりとはできない。よって旅程は

黄桜カッパ酒造や寺田屋、龍馬通りなど
この周辺で完結してしまった。

ここは、観光客目当ての商売が目立つ。
客が来るのを前提として売ることしかしていないため

目立った売り込みという感じはしないが
試飲とか、実演販売があってもおかしくはないと思う・・・

もし、あれば売上は1.2倍以上は確実だろうと
適当に計算して見た。(いや、もっと儲かると思う)

そもそも集客はできているので、転換率を上げるだけ・・・
素通りする観光客をどう捕まえるか?だけが課題だとすれば

サインプルやテイスティングが一番効果があるはず
それをしていないと言うことは、20%は少なくとも逃しているだろう。

マーケティングではかなり損しているだろうが
従業員はまったくそんなことすら気付かない。いや、気づくわけがないね。

お土産販売というよりは、観光客が居るから店番する商売って感じなので
どれほど欲しいというものもなく何も買う気もしなかった。

なんせ4時間の京都滞在なので
帰路につくのもあっという間だし・・・土産は宝塚SAと決めていたものの

混雑ぶりは予想を上回っていた。
宝塚SAの売店も然り、3ヶ月以内の施設とあって人が押し寄せるのは時間の問題だろうが、

もう一工夫は欲しいとことろだ。
行列が長過ぎてバスの時間に間に合わず、結果、何も買えなかった。

例えば、行列を整理したり流す係がいるだけでも対応が違うし、
印象も全く違ってくるので、勿体無いがその辺は客がいるのに逃げる要素を作っている。

本来、行列は人を呼ぶ呼び水の役目もするのだが
手際が悪い行列の原因には、見ていても苛立ちしかない。

手ぶらで帰るのもなんなので・・・
意に沿わないが、勝央SAで土産らしきものを買って間に合わせた。

幸いにして、龍馬通りでぶらついていた時
京都の土産らしきものとしては、「宇治茶」を買っていたので

ま〜、ギリギリなんとか京都に行った感はあるものの
なんだか満足いく記念の土産が買えなかったのは残念だった。

そんな中、一番効率が良かったマーケティングは
車内販売の日の丸ステッカーじゃないか。

平成31年はもうない!ってことで記念に作ったステッカー、
「奉祝 天皇陛下御在位三十年」というものだ。

即日販売、成約率42%という驚異の結果を叩き出し、
マーケティングは成功した。ちなみに、1号車は19枚、2号車は25枚売れた。

もちろん2号車のセールスは私が担当しているが、
売り方にもちゃんとコツがあって、トークスクリプトを考えてある。

我ながら、ヨシヨシ。って思ったが、
その割には、もっとバカ売れを狙っていたので正直結果はイマイチである。

これも勉強だし、いいテストができたってことで見合う改善策を考えよう。
マーケティング道は限りなく挑戦するに等しく、実に楽しいと感じた瞬間だった。

隣の芝は青く見えるもので、良くも悪くも丸見えだ
マーケティングはちょっと客観的になれば多くの問題点が見つかるはず。

集客無料相談
今回は、インターネットマーケティングについてです

興味がありましたらどうぞ


PS:

スマフォアプリ公開中!無料ダウンロードできます。

iPhone

Android

スマフォからQRコードを読み込めば簡単にアクセスできます。

qr


PPS:

★【興味を引く書き方「25の法則」を今なら無料で公開中】
エントリーはこちら

こっそり教えます!
・ブログ、メルマガ、SNSのコツ
・読んでもらえる書き方
知りたい方はこちら


【販売促進に関するプロモーション制作のご提案】

例えばマーケティングは、顧客にとって何ら興味のない事なんです。
なぜなら、顧客にとっての価値とは、商品そのものですから。

けど、価値ある商品じゃないと顧客は買ってくれません。
では、価値ある商品をどのように届けたらいいのでしょうか?

それをご提案するのが、セールスプロモーションです。
もし、そのヒントを掴みたいならお役に立てるかもしれません。

お問合せ・ご相談はこちらからどうぞ


【ITSJAPANとは】

ITS JAPAN’sマーケティングについて

◆ITS JAPAN’sミッションについて

ITS JAPAN’sショッピングについて


【HML】のWEB集客・プロモーション制作

詳しくはこちら

例えば、固定費を半額にして売上を倍増させるにはどうすれば良いか。

つまり、営業マン1人月額給与35万=年間420万(賞与無の場合)の固定費をカットして、
100万で集客システム、50万で売上アップの仕掛け、50万で継続して収益を得る仕組み作りをします。すると・・・何もしなくても問い合わせが来る⇒売れる⇒儲かると言うことになりますが。

これはほんの1例です。
HMLは販売促進・集客の悩みを解決させるあなたのパートナーです。

詳しくはこちら

※ HMLとは、ITSJAPANがプロデュースするブランドで、ハイプロマーケティングラボラトリーの略で、HI-PROはより高い(HI)収益(profit)の意味です。
経済的健康にフォーカスした情報提供を行なっています。

HMLはマーケティングに関する情報をご提案しています。

❖ HMLオススメ「ITSビジネス選書」はこちら


【MML】の幸せな家庭・儲かる会社にしたいなら…

偉業を成し遂げた先人たちは、
信念の裏側には必ず信心があると言っています。

日本では、国造りの頃から日本の神々が祀られ、
自然を尊び、祈りと感謝を繰り返す暮らしを営んで来ました。

古来より神道が人々の生活に密着して来たことは
まぎれもない事実であります。

幸せな家庭や儲かる会社の基盤を築くには
日本人が古来より大切にして来た心を育むことが第一です。

なぜなら、感謝や和平の真髄は神道精神の中にあるからなのです。
神祀り本舗は「心の安らぎ」を得ていただく手順をご提案します。

 神祀り本舗楽天支店

神祀り本舗ヤフー支店

神祀り本舗総合カタログ

※ MMLとは、ITSJAPANがプロデュースするブランドで、メンタルマネジメントラボラトリーの略です。心の健康にフォーカスした情報提供を行なっています。

中でも「神祀り本舗」は、神祭具専門サイトを運営したり、神道教化・啓発を目的とした情報をご提案しています。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

↓SNSへのフォロー待ってますよ↓

facebook

twitter


いつもブログを読んでいただきありがとうございます。ブログランキングにエントリーしていますので「バナーをクリック」して応援して下さい。


ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)