侮れない反応率

考えてみれば週1ペースのブログに
週2ペースのマインド系メルマガ、

さらに週3ペースのビジネス系メルマガ
を配信していますが・・・

反応としてはどんなもんだろうかと
気になるといえば気になりますね。

だって、月曜から土曜まで毎日メルマガが
配信されているわけですからね。

マメといえばマメなんでしょうが
しょーじきネタに困るんですよ。

けど、メッセージを伝えることが仕事なのでね〜
しかも有益なメッセージを。


★【興味を引く書き方25の法則教えます】
エントリーはこちら
⇒ https://canyon-ex.jp/fx19296/its01
こっそり教えます!
・ブログ、メルマガ、SNSのコツ
・読んでもらえる書き方
知りたい方はこちら
⇒ https://canyon-ex.jp/fx19296/its01


From:Satoshi Suyama

言ってみれば私的な都合なんですが、
3月から新体制(仕事上)になり

教育やらなんだかんだと色々ありまして、
なかなか自分の時間が取れません。

また、早くリリースしたいe-bookも気になっていて
作業がなかなか進んでいないこともあり

なんだか効率性の悪いような
仕事の進め方に苛立ちを覚えています。

そんな中、一つの行事を無事終えました。
それは何かというと「サイクリング大会」です。

サイクリングツアーの企画から運営までほぼ全てに関わって
バタバタ忙しいとはいえなんとか終わってホッとしてます。

その募集要項やチラシも作って原案から校正まで
すべてプロデュースに関わってきましたが

参加者から指摘された言葉が2つあります。
それは、

1.集合(受付)場所の所在地を記載してほしい

2.第2チェック場所で基本的に流れ解散できるならそのように記載してほしい

以上でした。
一旦、そりゃそうだと思っては見ました。しかし、

特に記載なくても問題は発生していませんし
そこを突くのってわがままな意見かな?と

考えて見ました。が、70名エントリーがあって
たった1人の意見です。されど、1人です。

ですが、700人の大会なら
10人の違った意見があるということになります。

7000人なら100人の意見になりますので、
なるほどこれはすごい数字じゃやないかって思い

一見ごく少数派意見と思いきや
これは改善すべき点だと、初めて気がついたわけです。

このように、数字が小さければ
何の問題ないように思われますが、

実際には侮れませんね。
いやいや、怖い事実じゃないですか。

これをビジネスに置き換えるとするなら
わずか1.4%でも反応率からいえば

かなり良い数字といえます。
反応を軽率に扱うのは命取りだと言う事に気付かされましたね。

それがクレームなら尚更
改善策につながりますからね。反応は大事ですよ。


PS:

まだまだ未熟だと言う謙虚さは大切にしたいもので
とても勉強になった今回のイベント企画でした。

ビジネスで最悪な数字は「1」であると
ダン・ケネディはこのように言っています。

これは想定される選択肢を増やす事により
反応率を上げると言う考え方ですが、

マイナスの反応率はわざわざ上げる必要はありません。
それをどう抑えることができるかを考えるとき

1という案ではダメだってことです。
さらに言うならあらゆる場面を想定せよと言うことです。

プラス面で反応率を上げるためには
1以上の選択肢を準備すればいいわけです。

もしあなたが幸せな家庭・儲かる会社にしたいなら
お手伝いします。

http://its-japan.jp/service/marketing/


マーケティングは、顧客にとって何ら興味のない事なんです。
なぜなら、顧客にとっての価値とは、商品そのものですから。

けど、価値ある商品じゃないと顧客は買ってくれません。
では、価値ある商品をどのように届けたらいいのでしょうか?

それをご提案するのが、マーケティング・ビジネスです。
もし、そのヒントを掴みたいならお役に立てるかもしれません。

お問合せ・ご相談はこちらからどうぞ
⇒ http://its-japan.jp/service/consulting/free-c/


◆ITS JAPAN’sマーケティングについて
⇒ http://its-japan.jp/service/marketing-contents/

◆ITS JAPAN’sミッションについて
⇒ http://its-japan.jp/service/mission-contents/

◆ITS JAPAN’sショッピングについて
⇒ http://its-japan.jp/service/shopping-contents/


❖ HI-PROオススメ「ITSビジネス選書」はこちら
⇒ http://its-japan.jp/service/marketing/b-select/


【セールスマン不要の集客方法】公開中

詳しくはこちら
⇒ http://its-japan.jp/lp/

例えば、固定費を半額にして売上を倍増させるにはどうすれば良いか。

つまり、営業マン1人月額給与35万=年間420万(賞与無の場合)の固定費をカットして、
100万で集客システム、50万で売上アップの仕掛け、50万で継続して収益を得る仕組み作りをします。すると・・・何もしなくても問い合わせが来る⇒売れる⇒儲かる。

これはほんの1例です。
HI-PROはマーケティングの悩みを解決させるあなたのパートナーです。

詳しくはこちら
⇒ http://its-japan.jp/lp/

※ HI-PRO(ハイプロ)とは、
ITSJAPANがプロデュースするブランドで、

より高い(HI)収益(profit)を狙う方のために
マーケティングに関する情報をお届けしています。


【幸せな家庭・儲かる会社にしたいなら…】

偉業を成し遂げた先人たちは、
信念の裏側には必ず信心があると言っています。

日本では、国造りの頃から日本の神々が祀られ、
自然を尊び、祈りと感謝を繰り返す暮らしを営んで来ました。

古来より神道が人々の生活に密着して来たことは
まぎれもない事実であります。

幸せな家庭や儲かる会社の基盤を築くには
日本人が古来より大切にして来た心を育むことが第一です。

なぜなら、感謝や和平の真髄は
神道精神の中にあるからなのです。

神祀り本舗楽天支店
⇒ http://www.rakuten.co.jp/kamimatsuri/

神祀り本舗ヤフー支店
⇒ http://store.shopping.yahoo.co.jp/its-japan/

※ 神祀り本舗とは、
ITSJAPANがプロデュースするブランドで、

神祭具専門サイトを運営したり、
神道教化・啓発を目的とした情報をお届けしています。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

↓フォロー待ってますよ↓
【facebook】
https://www.facebook.com/itsgroup.ceo.suyama
【twitter】
https://twitter.com/its_japan3150


★【興味を引く書き方25の法則教えます】
エントリーはこちら
⇒ https://canyon-ex.jp/fx19296/its01
こっそり教えます!
・ブログ、メルマガ、SNSのコツ
・読んでもらえる書き方
知りたい方はこちら
⇒ https://canyon-ex.jp/fx19296/its01


いつもブログを見ていただきありがとうございます。ブログランキングにエントリーしていますので「バナーをクリック」して応援して下さい。


ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)